IMG_0747

というわけでエスプレッソマシンだ。唐突に思うかも知れないが自分も割と唐突感ある。
コーヒーのサードウェーブなんて本場では数年前にもう終わったのかどうだか論争になってたように思うが、とにかくブルーボトルはめでたく日本に上陸し、地元にコンビニが出来たら行列を作る田舎者を馬鹿にしまくっていた東京モンが、恥も外聞も無く長大な列を為していたのは記憶に新しい。

コーヒーの大衆化を果たしたファーストウェーブ、シアトル発の深煎り豆を主体としてエスプレッソを中心に広まったセカンドウェーブ、豆の産地や浅煎り・手淹れにこだわったスペシャリティコーヒーブームであるサードウェーブと言われており、エスプレッソマシンで作ったカプチーノにトッピングを加えてスタバごっこなどするのはセカンドウェーブの流行時代に過ぎ去ったかのようなイメージがある。あるか?
だが、これらの波というのは、単にそれぞれネスレとスターバックスとブルーボトルのブームであって、自分でコーヒーを入れることが一大ムーブメントになった試しはおそらく無い。スタバのファン100人集めても、その中でエスプレッソマシンが家にある人は1人いるかどうかでは無いだろうか。「エスプレッソマシンあるのにスタバなんか行くかよ」と言うご指摘は丁重に置いとくとして、世のコーヒーブームとはつまり店で売ってるオサレな名前のコーヒー飲料を飲むことなのだ。
しかしサードウェーブの主体の一つは手淹れである。従って、ブルーボトルで行列を作るより自分でカプチーノ作る方が流行に乗っていて格好は良いはずなのだ。いやそもそもブームとかカッコとかに乗らないのが一番格好良いですはい。

IMG_0652

箱を開ける前にエスプレッソについて超速で説明しておこう。例の三角紙に粉入れてお湯かけるのがドリップで、物々しい機械で粉とお湯に圧力かけて絞り出すのがエスプレッソだ。
すなわち最悪でも100均で例の紙を買えばドリップコーヒーは飲めるが、エスプレッソはご家庭にあるものを代替にしてお手軽に作るということが出来ない。代替料理の禁書目録の異名をとるクックパッドなどを覗いても、エスプレッソが必要なところはドリップコーヒーを濃くいれるなどかなり脳筋な手段を用いている。また、カプチーノに欠かせないフォームミルクを作るにも、泡立て器などショボい代替手段を用いるのでなければ専用の機械が必要となる。
エスプレッソやフォームミルクを作るには物々しい機械ことエスプレッソマシンが必要なのだ。元祖ハイテク工業国だったせいかイタリアのグルメって割とそういうの多い気がする。というわけでここにイタリアはデロンギ社のクラシカルなデザインが特徴のアイコナシリーズから、エスプレッソマシンECO310のアズーロブルーが登場と相成るわけです。

_DSC7949

オシャレ家電で知られるデロンギだが、そのたたずまいはやはりオシャレの一言。別にデザインなどウリにしていないであろう廉価版のEC221などでもかなりチープ&ポップな雰囲気がイタリアンデザインかくあるべしと言った代物だが、このアイコナシリーズなどのように色気を出されるともう完全にヤられてしまう。格好いいとしか言いようが無い。

_DSC7956

上部はカップウォーマーになっているが、クソほども暖まらない。小動物のホットカーペットのほうがまだ熱いくらいだ。「エスプレッソマシンの天板にはデミタスカップを置くもの」と相場が決まっているらしいので、これは「カップウォーマーをつけている」のではなく「カップを置くための理由を付けている」のだと認識したい。レバーのような球体は飾りでなく、ミルクフロッサー用のバルブハンドルになっている。


_DSC7957

水タンクは取り外して注水可能。本体は金属製だが随所にプラスチックを多用しており、整形も甘いのがイタリアンクオリティ。最近は中国製になって逆に質感 や精度が上がったというくらいだから伊達ではない。まあこれを外に持ち出すわけでもないし、たたずまいとして格好良く自分で納得できる範囲なら問題はない はず。


_DSC7953

このようなモダンでプラスチッキーな水タンクと、レトロでメタリックな本体となれば、普通に考えたらタンクが浮いて見えるところだが、タンクの形状と色合いが絶妙であり不思議なくらい一体感がある。


_DSC7974

色も実に良い。ど派手なブルーだがただ派手なだけでは決して無いのだ。なんというかフワフワ表現を許されるなら、形との調和が取れているといったところ。特に形状に意味があるわけでもなくカッコ重視なのはわかりきっていながらも謎の説得力がある。
店頭でレッドやホワイトも見てきたが、どちらもかなり渋い。

ただ、色合いの話をするならば日本未発売のアイコナ・ヴィンテージシリーズ(エスプレッソマシーンではECOV310)が最強だと思う。ただでさえレトロなアイコナシリーズにさらにレトロな色合いを飾っている。


ecov310gr
Delonghi Icona Vintage ECOV 310.GR

これこのススケたような緑!自分の物欲にクリーンヒットしすぎて思わずため息が出た。家電、それも現行製品の写真を見てあまりの美しさに本気でため息が出るなどというのはかなり珍しい。このわずかにミリタリーテイスト的なものもある「レトロ家電特有の緑色」、うちの冷蔵庫も昔こんな色だったなーという感じだが、何しろラテンの手による美意識をえぐるような鮮烈なカラーリングとこの美しい形状である。レトロとかモダンとかそういう次元で無く普遍的にカッコ良い。


DEL-COF-ECOV310_AZ-BU

Delonghi Icona Vintage ECOV 310.AZ

このブルーもでんぐり返りたくなるほどステキだ。じつは母の愛車シトロエンC3のブルーがまさにこの色であるし、フィアット500にもこの色合いがある。レトロ調でありながら鮮烈でため息が出るほど綺麗なんだこれが。くどいので写真は貼らないが、ホワイトもまたレトロなアイボリーカラーで上品極まりなく、ここまで素敵ならば他の電気ケトルやトースターも統一したくなるくらい気に入ってしまった。

この素敵な奴らがなぜ日本で売っていないのか本気で怒りがわいてくる。色のためにECOV310を輸入するだけなら現地の安さもあって大したコストではないのだが、しかしエスプレッソマシンにしろケトルやトースターにしろ、大電力を必要とする家電を240Vの国から100Vの国へ輸入する場合、変圧等にかかるコストやリスクが想像を絶するレベルになる。120Vのアメリカ版が存在しないかと探してみたが、いまのところヴィンテージシリーズの240V以外は存在しないようだ。いずれ輸入して外装だけ挿げ替えようかとすら思うが、このブルーも最高に素敵な色なのは間違いないので、結局そんなことはできまい。

筐体の話はこれくらいにして、エスプレッソマシンとして使ってみる。そもそもエスプレッソのりろんはしってるが、どうやって入れるのかはよく知らない。



まずエスプレッソには専用の焙煎と粗さのコーヒーが必要だ。普通のドリップ用では焙煎が浅く、また挽きが粗すぎる。ローストで言うなら普通のライト~シティローストよりさらに深煎りでほとんど苦味しかないようなフルシティ~フレンチ、イタリアンローストである必要がある。また挽きの粗さは、対応ミルで「極細」の設定にして半ば粉末状となっているくらいの細かさになる。
そんな苦いコーヒー普段飲まねーよとかミルなんて持ってねーよとか、あるいはミルくらいなら持ってるもんねーと自前のミルを見たらエスプレッソ非対応だったりすると思うが、ちょっとしたコーヒー屋さん(豆で売ってるようなところ)であればほとんどの場合エスプレッソ用のローストや極細挽きで注文が可能なので、店で豆を買って挽いてもらえば解決だ。

ただし、エスプレッソ専門店でないコーヒー屋で、(しかもこのサードウェーブコーヒーブーム下で)エスプレッソマシン用の豆を挽いて注文をする客というのは恐ろしく少数派である。実際地元のかなり有名なコーヒー豆店を2、3件巡ってみたが、「フルシティならあります」レベルから「こんな注文する客何か月ぶりだよ」的な雰囲気までビンビンに発していた。
「エスプレッソマシンお持ちなんですか?いやー、いいですねえー(ニッコリ)」などとコーヒーのプロに言われた日にはエスプレッソって本当にコーヒーの一種なんだろうかとの疑念がわいてきた。

これは実際のところエスプレッソマシンオーナーが少数派であると同時に、そんな酔狂な野郎はほとんどの場合ミルも自前で持っているため挽いてもらうということがなく、下手をすれば焙煎や生豆の仕入れすら自分でやるためこのようなショップに訪れないためであると思われる。いずれ私もそのようなコーヒー沼に巣食うおぞましい生き物に変貌していくのかもしれない。

もっとマニアックな話になると豆の種類はアラビカ主体でロブストを混ぜるのが良いといわれているが、基本的にスペシャルティなドリップコーヒーはアラビカが基本であって、一段低い安物として見なされるロブストは入らない。前述のブルーボトルもなんだかんだでエスプレッソ(カプチーノ)を提供しており、流石にロブストを混ぜてはいなさそうである。というか巷のブルーボトルのレビューを見るとシングルオリジンどころかブレンドも頼まずカプチーノ飲んで帰ってくると言う、冷静に考えたら最高にロックなことを真顔でやってるところも数多く、ミーハーな流行というものは得てして奇妙な様相を呈するものである。

_DSC7999

なおそんな豆の選定が面倒な真似が苦手な方にはエスプレッソコーヒーポッドがおすすめだ。何もかも台無し感がある。
右手のillyもアラビカ100%を謳う上質なポッドだが、左手デロンギ公認のおすすめカフェポッドであるMusettiも古典的なロブストブレンドからアラビカ100%まで様々に取りそろえてあり、初心者でも飲み比べが出来るのでオススメなのだ。しかも個別包装のため新鮮でもある。さらに今ならエスプレッソマシンを購入してアンケートにお答え頂くだけで無料でこれらのポッドが(宣伝口調


_DSC8003


本来は粉をフィルターにあけたあと、タンピングといって専用の金属塊で垂直に14Kgの力で押し固めるという工程を要するが、ポッドはこのようにして挟んでセットするだけ。簡単だ。


IMG_0748


圧力が加わるため金属製の強固な接合部。文字通り高温になるので注意が必要。


_DSC8014


シンプルに3つしかボタンがない。一番上は主電源。二番目が抽出ボタン。三番目がミルクスチームモードの切り替えである。主電源を入れて数十秒待つとボイラーが適温に熱され、真ん中のLEDが緑に点灯する。そこで真ん中のボタンを押してやると熱湯がカプセル内に注水され、9気圧の圧力でもってエスプレッソが抽出されるわけだ。
早速抽出を開始しよう。


IMG_0750


カップが高くて入らない。
エスプレッソは基本的にデミタスカップやカプチーノカップを用いるため、普通のマグカップで淹れてはいけないのだ。いやいけないということはないんだが、どうにもこうにもこのマシンが物理的に拒否するのだから仕方ない。

しかしエスプレッソが一般的でないこの国では基本的にデミタスカップは売っていない。そんなまさかとお思いになられるかも知れないがいざ探してみるとびっくりするほど売っていない。流石に専門店だの通販だのなら手に入るが、ニトリや100均には売っていなかった。
というわけでいずれは専用カップを仕入れるにしても、今は手元にあるカップで偶然背の低いものを探すしかないのだ。手持ちのもので良いものはないだろうか…


IMG_0751

こんなプライズで獲ったのしかなかった。この水上偵察機はフロート部分に茶葉を詰め込んで紅茶を入れるというマジキチアイテムだが、カップは普通に使えるだろう。


IMG_0752

というわけで英国の紅茶でないのが気の毒だがこのティーカップを使う。ああいかに燃え盛る愛を語らった仲だとて、しょせんは連合生まれの艦船(おんな)と枢軸の犬(おとこ)。ファシズムの同盟国たる伊太利亜の魂、その黒く滾る情欲でもって、鬼畜大英帝国の象徴たる白いティーカップは容赦なく穢され、その加虐的な悦びにひとり打ち震える提督であったと、言うところまで想像すれば一人前の病人といえる。


_DSC8007

はい抽出。抽出は諸説あるが概ね20秒と言われている。そこまで決まっているなら本体にタイマーくらいついていたって良さそうなものだが、そういう気の利いた仕組みは何もないのでとりあえずスマホ片手に20秒きっちり数える。


_DSC8013

なお自前のカップがどうしても無い場合はこのように受け皿を取り去ってしまえば背の高いマグカップも普通に置けるので心配は要らない。どうして最初からそうしなかった。


_DSC8011

あとクソどうでも良いことなんだけど、エスプレッソとか関係なくこの金剛カップ空前絶後に持ちづらいです。電探折れるんじゃないかとひやひやする。


_DSC8009

さてさて完了。さすがにカップも時間もいい加減なので、クレマ(うまく抽出できたときに出るオレンジの泡)が乗るとかそういうものとはほど遠いものの、紙パック入りのお手軽コーヒーとは思えないくらい芳醇で奥深い薫りに満ちている。これですよこれ。お店でしかあじわえない、エスプレッソ独特のアロマ。


_DSC8010

砂糖を大量に入れる。溶けきらないほど入れて、というかそこまで念入りに積極的に溶かすようなこともせず、最後にたくさん溶け残った砂糖をガリガリとスプーンで食うのが正しい作法だ。

日本人は謎の通気取り意識でブラックのコーヒーを飲みたがるが、ドリップならまだしもエスプレッソでブラックなどと言うのは本当にただの勘違いなので、基本的に砂糖はアホほど入れるべき。もちろん嗜好品なのだから好きに飲むのが一番良いのだが、どうせ知ったかぶりをしているだけなのだから素直に本場に合わせるべきだ。ブラック愛好家になんの恨みがあるというのか。


IMG_0755

ちびちびとあじわう。
よく考えると当たり前だが、まぎれもなく濃厚なエスプレッソである。エスプレッソ風味を謳う缶入りコーヒーのような色つき水でもなければ、濃く入れてエグ味と酸味でまみれたドリップし損ないコーヒーでもない。というかそんなものを想像しているならエスプレッソは濃すぎて飲めないと思う。砂糖を入れてもなおチェイサーの水が必要なほど濃厚なのがエスプレッソである。ドリップコーヒーとは別のジャンルの飲み物だ。

その強烈な濃度と果実を思わせる芳醇な香り、粘度があるわけではないがとろみがあってうまみがあり、入れた砂糖によってむしろコーヒーの味わい深さが引き出される、濃縮されたコーヒー体験にしばし酔う。

IMG_0756


飲み終われば、カフェポッドは一度限りの使い捨てである。このようにひょいと取ってゴミ箱に捨て、ハンドルとカプセルは軽く水をかける程度で済む。(コーヒーオイルが金属面をカバーするため洗剤を使ってはいけない)お手入れも楽だ。

たいへん美味しかったですと言ってレビューを終えたくなるが、実際にこの大仰で大電力を要するマシーンで出来るのはこれだけなので他は特にレビューすることも無い。このクソ濃くて最高に美味いコーヒーのようなものを30mlほど抽出するためにこのデカいマシンがあり、それは実に精妙かつ不都合無く十全に機能する。電源投入から数十秒、ミルクスチームなら1分弱でスタンバイになり、家庭用のシングルボイラー機としては堅実な性能だろう。


本来であればエスプレッソマシンというものは個人宅になど到底置けるものでは無く、カフェに置いてあるコマーシャルクラスのマシンは100万円からがスタートラインとすら言われていた。今でも本格エスプレッソマシンと言えるのは10万円台がスタートだろう。それがこの3万円程度のマシンでここまで肉薄できるのだから、それだけで十分な気もするが、飽食にして飽物の時代たる現代では、パンを作る道具も麺を作る道具も何かと便利な応用が利かなければ売れやしないし、買う方も踏ん切りがつきにくい。
エスプレッソという魅惑の飲み物に、それだけの粋と価値があるかどうか。なにやらストイックなロマンを感じ、物欲を滾らせて頂ければ幸いである。そういうロマン感じませんかそうですか。

まあ、ここまで偉そうなことを言っておいてなんだけど、今回のECO310は事情あっての貰い物である。
半ばリクエストしておいてこんなことを言って良いか迷うが、このように「自分で買う踏ん切りがつかないけど無性に欲しいもの」というのはプレゼントとしてはかなり素敵な部類なので、世間の皆様もどんどんお知り合いにエスプレッソマシンを贈って欲しい。

_DSC8016

ただ、これだけ、とはいえスターバックスのメニューを見てもわかるように、エスプレッソ自体は多種多様な応用が効く飲み物であり、エスプレッソそのものの可能性はとても広く、その「周辺機器」も豊富であるためまだまだやることはたくさんある。
コーヒーを抽出する以外に唯一出来ることと言って良い「フォームミルク・スチームミルクを作る」こともまだやっていないし、ポッドでない粉で淹れることもしていない。
キャラメルだのヘーゼルナッツだののフレーバーシロップもココアやシナモンのパウダーも買ってきていない。
一番基本の砂糖だって、本当はブラウンシュガーが好ましいし、ラテアートだってまだしてないしピックもない。
いつまでも金剛を怒らせているわけにもいかないからカップも選ばなくてはならないのだ。
そしてアイスクリームにかけるアフォガートも、氷にかけるアイスエスプレッソも、お湯で薄めたカフェ・ルンゴも作っていないしケーキやクッキーの隠し味にもしていない。
エスプレッソと言えばタバコが似合うしそれならせっかくならシガーやシガリロをくゆらせたいし、そもそも食後の飲み物と言うからにはイタリアンな料理もしなければなるまい。

これだけとは言えけっこう楽しいことが待っているので、やっぱりみんなでエスプレッソマシンを贈りあいましょう。それしかない。

次回はそういういろんなサブアイテムを試しまくる予定。







ところで漫画好きならエスプレッソといえばジョジョの奇妙な冒険七部(スティール・ボール・ラン)のこのシーンを思い出す人も多いはず。

162956f5

「ジャイロの淹れるイタリアン・コーヒーは こんな旅において格別の楽しみだ」
「コールタールみたいにまっ黒でドロドロで 同じ量の砂糖を入れて飲む」
「これをダブルで飲むといままでの疲れが全部吹っ飛んで
驚くほどの元気が体の芯からわいてくる」
「信じられないくらいいい香りで もっともっと旅を続けようって幸せな気分になる
まさに大地の恵みだ」

イタリアフェチの荒木御大であるので、流石にドロドロとか同量の砂糖というのは誇張にしても、かなり本質的なエスプレッソの旨さを表現していると思う。
ただ入れている器具はどう見てもポットかパーコレーターに見えるのだが、当然それではエスプレッソは淹れられないし、「ダブル」の意味が不明になる。
電気式のエスプレッソマシンが主流の現代でなくても、野外でコーヒーに圧力をかけて抽出するというのは至難の業に見えるが、実際のところどうするのかというと、こういうものを使う。




うそをつきました。こういうやつです




エスプレッソ日照りの本邦でも、これならちょっとした雑貨やさんで買える。直火にかけて内部で湯を沸かし、その蒸気を一定の圧力まで高めてコーヒーを抽出する、サイフォンのようにシンプルながらも化学実験ちっくなプロセスを経てエスプレッソを作る「モカエクスプレス」もしくは「マキネッタ」と呼ばれるアイテム。
いかにも原始的に見えるが、じつは発明されたのはエスプレッソの発明(1900年頃と言われる)から30年もあとだ。よくマキネッタは小型のエスプレッソメーカーを指すと解説されているが、単純に「macchine(マシーン)」「etta(~ちゃんとか)」なので、カフェの大型エスプレッソマシンに対して我が家の小さなエスプレッソマシンよってなイタリアおかん的センスのシャレだと思うのだがどうだろうか(パスタをお食べ)

厳密に言うとこれで作るコーヒーは「モカ」とよばれてマシンによる高圧抽出エスプレッソとは区別されるが、原理は同じだ。エスプレッソの旨さに目覚めた以上は、いずれはこれを使ってアウトドアでコーヒーを淹れ、ジョニィごっこをするのが目標となったのだった。はい。