デイリーポータルZや有名ブログでおなじみの、「生ハム原木」を買ったというレビュー
さてスペイン生ハムの魅力については今更語るまでもあるまい。あの陶然たる旨み溢れる発酵生肉、ラテンの妙味、世界三大ハムの一柱。流行のスペインバルで頼むとアホほど高価だが、無限に等しいほどのワインや野菜を奪っていくあの魅惑の赤いひらひら。
それをこともあろうに自宅に脚一本分据え置いて、好きなだけ削ぎ取って食うという、酒池肉林の肉とはまさに俺のことだと言わんばかりの豪快にしてセレブレティな蛮行が「生ハム原木買い」である。原木というとMinecraftのことしか思い浮かばないが、豚の脚を一本丸ごとハムにして木のような見た目になった状態をこの業界では「原木」と言うらしい

デイリーポータルZ:豚の足一本分のハムを買ってしまった


GIGAZINE:生ハム食べ放題を実現するため生ハム原木を買って食べまくってみました

N-Styles:生ハム原木を買ってはいけない


ここら辺の良記事による紹介で、昨今ではそれなりの人気を誇っているようだ。いずれワイドショーなどが生ハム男子とかアレな名前を付けてさらし者にするに決まっているのだ。
というわけで主要な内容はそこらへんの記事を見てもらった方がわかりやすいので、ここでは細かいところを語っていく。

IMG_0274


今回購入したのはこのジャンルの第一人者企業と言ってもよいグルメミートワールド社から、その名も「生ハム生活セット」という、脳みそが食欲で動いています感抜群のナイスな名称のセット。
セット内容はハム本体に加え、ハム置き台(ハモネロ)、ナイフ2本、トング、手入れ用オイル、ハムカバー、手引き書、DVDなど。

IMG_0275

ハモネロ。付いてくるタイプは指定できないようだ。組み立てが必要。
ナイフx2はセラミックコートがなされているとのことで、「セット付属品」にしては上々のクオリティに見える。

IMG_0272

ハムカバー。冷静に考えるとかなりエキセントリックな単語である。すごそうなものを想像したが実態は大判で厚手の不織布。マスクとかのアレね。
袋状になっているようなイメージがあったが、ただ脚にかける部分が出っ張った一枚物。それも、さほど大きくないため脚を穴に通すとハムがはみ出してしまった。

IMG_0294

手引き書と「10倍活用する本」なる読本。後者にはてっきり生ハム料理レシピなどが満載かと期待したのだが、単に生ハムの製造元への取材など、ハムオタクなら喜ぶんだろうなと言う内容であったのが残念。ハムオタクって何だよ。まあグルメミートワールドの人たちのハム愛は十分に感じられた。調理例はむしろ手引き書の方が豊富であった。

また、このセットにはハムの扱い方を解説したDVDが付属する。説明のためのDVDが付いてくるなどと言うと、完全に怪しい商材を掴まされてしまったようにしか感じられないほどぼくらの心は汚れてしまっているが、このDVDは最初のつかみとして大いに役に立った。

さて言ってしまえばこれらの付属品は、何の変哲も無い長ナイフとオリーブオイルとトングと不織布とWebページでも閲覧できる内容の印刷物だ。
ハモネロにしたところで、大仰な名前の専門器具ぶっているがただのネジ付き木の台である。十分にDIYでなんとかなる範囲。オマケ満載のセットでなくハムそのもののみを買った方が安いし都合が良いという考え方もあるだろう。
ただし、「豚の脚一本分の生ハムを据え置いて長期間維持し切って食う」という工程にどういう形の何が必要なのか、具体的に想像できる人間がこの国に何人いるだろうか。
スペインぐらしが長く手慣れているのでも無ければ、おとなしく初心者として初心者向けのものを買い、初心者向けDVDというものを恥辱に耐えて視聴する義務があると思う。DVDの何がそんなにイヤなんだ。(重ねて言うがDVD内容とてもためになりました)何にせよこのセット、初心者向けセットにありがちな要らない余り物を大量に付けてくる類のものではけっしてなく、確実に必要なものが必要なクオリティで付いてくる大変オススメなセットであると思う。

楽天市場などで別の業者が同じようなセットをもう少し安く販売しているが、ハムの質はともかく付属のハモネロやナイフはメタクソにけなされており、スター ターとして選ぶならばこちらのグルメミートワールドが良いのではなかろうか。

IMG_0271

さてハム。
この生ハム生活セットはいろいろなハムが用意されているが、いまのところ購入できる中で最も廉価でお手軽なのがこちらのパレタ・セラーノ(Paleta Serrano)となる。
ほかにも有名なハモン・セラーノ(Jamón Serrano)や高級なハモン・イベリコ(Jamón Ibérico)、さらに最高級のハモン・イベリコ・デ・ヴェジョータなどもあるが、ここら辺になると投機の対象か何かかと疑うほどの値段差があるため、一生縁はないかもしれず。

オサレな横文字を他人に解説するときに無上の喜びを感じるのは僕だけでは無いはずだが、パレタとは前脚のことでハモンとは後脚のことだ。しばしばハモンはハムを指す単語のように使われているものの、具体的な言語のニュアンスまではよくわからない。

IMG_0287

当然後ろ脚よりもこの前脚の方がサイズは小さいのだが、それでもおおむね大の男が一抱えするレベルである。

IMG_0288

このサイズの肉と言われるとフィクションに出てくる漫画肉などをイメージするだろうが、現物はそのイメージを吹き飛ばすほどに生々しく肉というか物量と質量の塊であって、ギャートルズだの宮崎アニメだのというよりはボストロールのこんぼうが最も妥当な表現である。現代社会日本に育ったひ弱な僕たちにはもはや食べ物にすら見えない。

さて、セラーノは山岳という意味だが、ではハモンセラーノとは山に脚を生やして作った投げやりなゆるキャラかと思えばさにあらず豚の種類のようだ。それともハモンセラーノそれ自体が山のもんの後ろ脚、程度の意味なのだろうか。
ハモン・イベリコはこれまた有名なイベリコ豚のハムである。どんぐりばっか食ってる奴というイメージがあるが、本当にどんぐり(Bellota)しか食ってないのは最高級品デ・ヴェジョータ(De Bellotaの名が冠されるブランドものであり、そうでないただのイベリコ種の豚もたくさんあるとのこと。

ちなみにこうやって言語のスペルまでわざわざ調べてきているのは、インテリぶってかっこつけるためという理由も当然あるが、これを検索エンジンに突っ込むことで本場の情報に当たれるという目論見もある。

http://www.tiendeo.com/ofertas/jamon-iberico

Tiendeoなるサイトの、こんなページを見つけた。言葉全くわからんのでたぶん、本当に多分なんだけど、これはスーパーや量販店のチラシをオンラインで一挙に見られるサイトだと思う。
おおむね70ユーロ程度からハモン・セラーノが買えるようだ。デ・ヴェジョータですら200ユーロ強で買える。インポーターって奴はこれだから…と言いたくなるが、言うまでも無く肉の質やブランドも揃えないと比較にはならないので、本場は選択肢が豊富だという事実を噛みしめるに留まっておきたい。
また当然これらの現地ショップが日本に送ってくれるわけでも無く、自分でスペインに行ったとしても検疫の関係で今のところどうやっても個人が生ハムを持ち帰ることは出来ないらしい。いつの日か現地でイベリコ生ハムを原木買いしたいものだ。TPPとかでなんとかならんのか。ひどい打撃受けるならこれくらいの美味しい思いはできたって…

ちなみに一般的にパレタ・セラーノよりハモン・セラーノのほうが高価と説明されているが、上記のようにこの二者は前脚と後脚の関係であり、生ハム原木として買う以上はどうやったってハモンのほうが質量が大きくなる(ほぼ2倍)ため、グラム単価で見れば言うほど値段差は無いと思う。味わいの違いは諸説有るが、まあたぶんハモンの方が全方位に渡って良い味なんだろうなと言う雰囲気はある。

IMG_0282

さてハム講釈はこれくらいにして実際に開封。カッティングの作法の詳しいことなどは例によって他のレビューに任せ、逐一説明はしないでおく。

IMG_0289

ハモネロにセット。

IMG_0291


あまり生ハム原木の臭いについて語っているレビューが無いが、基本的に無臭に近い。ただ、鼻を近づけたりすると油の臭いというか、しっかりとオイルで手入れされた革製品のような臭いがはっきりと感じられる。これは肉とか発酵の臭気と言うよりは、表面の革や油脂によるものだと思われる。切った肉自体からしっとりと生ハムの臭いがする以外、原木と暮らすのに臭いの心配は無いはずだ。

また、生ハム本体はマンテカ油と言われる灰色の油脂や、切ったあとの手入れに塗られるオリーブオイルで脂っ気が強い。ハモネロ自体も使い込むうちに何となく脂っこい表面になる。人間にはそのまま手で触れたりしない限り影響は無いが、ハムの近くにものを置くことははばかられる。

_DSC7770

切っていく。

_DSC7771

ハムの舌触りには切り方が大きく影響を及ぼすようだ。多くのレビューでナイフをのこぎりのように往復させて切っていたが、これだと往復させるときにムラや表面荒れが発生してしまう。ここはナイフの長さを利用して可能な限りワンモーションで切るのが正解だとにらんだ。またナイフは決して押さず引くのみで、繊維をきちんと切断するようにする。
このように切った生ハムはなめらかな舌触りで大変上品な口当たりとなる。これは包丁で肉を切る際の基本でもあるが、まさかこんな生肉とかけ離れたものにも応用できるとは思わなかった。

_DSC7776

おあじ
なまはむの味だ。当たり前だ。
熟成香と豚肉の味わい、適度な塩分、たいへんにおいしい生ハムであります。

_DSC7781

「生ハム」と称して売っている国産の調味液漬けスモーク肉とは全く味は異なる。日本人の好みでは無いとされるケモノ臭さもしっかりと乗っているため、非常に味わい深い本場の味だ。想像よりずっと塩気は控えめで、そのままツマミとしてすいすい食べられるし、野菜と合わせるにもドレッシングなどがあってもちょうど良い。端的に言うとウマい。ウマすぎる。

感涙にむせびながらも、レビューなどで少数散見された「臭くて食べられない」などの意見はまあ仕方が無いかなとも思った。
だいたい「ヨソの国の発酵食品」というもの、万国共通で疎まれ偏見を向けられる傾向にあるとは言うものの、チーズや発酵肉の臭気に対して日本人はかなり冷淡だと思う。基本的にクサいものはウマいという人類永遠のテーゼは、納豆やくさやという至宝を有する日本人も当然に持ち合わせているはずだが、こと「あまーい(裏声)、クセがなーい(尻上がり)、食べやすーい(オク高)」ものが美味とされてしまっている現代日本では、生ハム「風」調味液漬け肉もその嗜好に沿うよう作られているし、食べ慣れない生ハムのケモノ臭さを忌避する人がいても不思議はない。

とはいえ基本的には旨みの塊のようなものであり、たいていの人には美味しく頂けるはずだ。そのまま食うも良し、数え切れないほどの料理に使うも良し、使い方は自由自在。
スタンダードなところではサラダに加える、サンドイッチにする、パスタ、ピザにのせるなどが良い。生ハムと言うだけあって火を通さない方がそれらしい味を楽しめるが、脂の多い部分などならベーコンの代わりに使うのもオツだ。旨みの多くは発酵由来であり、意外と和食の囲気にも合う。
合わせる酒はスペインワインであろうが、気むずかしいことを言わずイタリアやチリなど同じラテンの国の脳天気なワインがよい。下手な樽香だのタンニンだのと言わずに安ウマフルーティで良いのだ。泡はもちろん、意外と甘いワインが合うが、だからといって気取ってトロッケンべーレンだのソーテルヌなどを持ってくる必要は無い。やっすいスプマンテやプロセッコが良いのだ。セイコーマートならG7のレイトハーベストという遅摘み貴腐ワインがあるが、値段から言って信じがたいほどデザートワインしてるのであれなんかちょうど良いのでは無いか。

_DSC7778

基本的に甘いものと合わせるのは鉄板とされており、有名な生ハムメロンなどがそれにあたる。
高級食材のような扱いではあるのだが、基本的にスペインでは常用食品である。ラテンのノリで飲み食いすべきものだ。

そんなノリで飲み食いする際には、なによりこの莫大な質量が自由自在度を加速させる。スペインで常用だからとてここ日本では生ハムは基本的に高いものなので、どうしてもちびちびと食べるイメージがつきがちだ。しかし原木ならキロ単位がいつでもタダで食べ放題ということだ。贅沢とかそういう次元では無い。まさに道楽であるが、同時に解放でもある。貧困がどれだけ人を束縛するのかという命題について覚醒しかねないほどそこに自由はある。貧困反対。

_DSC7765

言うまでもなく「よくわからん嗜好品的な食い物に数万円を払った」という手痛すぎる出費が事前にあることなどとうに忘れているからこその感想だが、逐一コストを払うことでは得がたい開放感にはそれだけの価値はある。それに単純計算すればおおむねパック生ハムよりも安いだろう。いろいろ勉強にもなるし。

_DSC7762

おみあし。
というわけで生ハム原木はとても素敵で豊かな感じに暮らしを彩ってくれた。なにかガジェットや高級食材を買ったのとは違う、想像以上に暮らしに食い込む豊かさを感じる。よくできた高級キッチン家電を買ったような感じと言えば伝わるか。

何にせよ満足感は半端ない。たまの贅沢に楽しむ道楽としてはかなりオススメできる選択肢だ。2万円で何が買えたかを考えてみても、これほど素敵なものはあまりないのではあるまいか。趣味のジャンルではそう大したものを買える金額では無い。

_DSC7773

※ライトなどは当てない方が良いです。

それに、こういうものと思ってライフサイクルに組み込まれることを考えると、そう普通の価値観を逸脱した値段では無いように思う。半年分のコメを買い溜めするようなもん、とまで言ったら言い過ぎかもしれないが、この生活を知ってしまうと20000円の原木を買うより一人一食2000円の牛肉を買う方が百倍くらい勇気が要ると思う。

我が家では予想以上に消費量が大きいため、想定より遙かに早い段階で消費し尽くしてしまいそうだが、1~2人暮らしならパレタでも半年は持つのではあるまいか。ヨソと違う特別な贈り物にもオススメである。


『12/25からの発送となります』送料無料!売れてます♪【生ハム生活≪ハモンセラーノ・レセルバ生ハム原木/6.8kg以上≫セット】生ハム台・ナイフ・トング・カバー・カッティング法DVD付いてます【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】【02P30Nov14】
『12/25からの発送となります』送料無料!売れてます♪【生ハム生活≪ハモンセラーノ・レセルバ生ハム原木/6.8kg以上≫セット】生ハム台・ナイフ・トング・カバー・カッティング法DVD付いてます【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】【02P30Nov14】




業者は違うがAmazonでも売ってる。なんでも売りすぎだろ。