R0011168


パワサポもすっかり定番面をするようになりやがって、モバイル機器やMacがオタ向けだった頃の周辺機器屋のクセしてよ、ケッ(なにやら酒をあおりながら)

毎回iPhoneが出る度に定番鉄板と語られる「パワサポのエアジャケ」
ケースが欲しければわけのわからないマニアックなメーカーのものを輸入することなど普通だった初期の頃ならいざ知らず、今のiPhoneケース事情は百花繚乱酒池肉林、電気屋の1コーナーを埋める一大ジャンルである。このような情勢で今、パワサポを買う意味とは。もしかしてほとんどが毎回エアジャケを使ってきたから今回も買うと言うだけの惰性で買われている商品と化しては居ないか。そのクオリティの本質に迫る。べつに写真貼ってみてくだけだし特に迫るようなこともしないが。

R0011169


偉そうなこと言ってるけど実際はSGPのケースがだいぶ先まで届かなそうなので、当面の保護を求めて購入しただけです(白状)
当時からこの何も付けてないようなエアーでクリアなジャケットケースというものは、実はあんまり面白くないなと思っていたので、あまり手を出していなかった。
だんだん激化するケースの商品ケース戦争の仇花。不自然なほど立派なパッケージ。ポリカの板一枚入ってるだけで何でこんなケースが必要なのかわからないが、玉石混淆のケース売り場内ではある種の迫力はある。

R0011170

バリエーションにはラバーやスモークなどもあるが、今回は手堅いクリアを購入。
クリア版には、セルフリペアコートと称する微細な傷を復元するコートが施されているとのこと。
内容物はケース本体の他、アンチフィンガープリントを謳う保護フィルム、iPhone保護製品業界の「いつもの布」ことマイクロクリーニングクロスが付属する。

R0011171

美しいクリアケース。
形状はスタンダードそのもので、基本的に本体に沿ったRを描く。スイッチは全て切り欠きである。

R0011172

R0011202

パーティングラインなどは今更という感じだが、バリが立っているようなことはない。触っても段差があると気づかない部分すら有るくらいだ。めくじらをたてるのはやめておく。

R0011174

ただ、個体差かロット差かわからないがここの部分に成形不良らしきものが見える。表面ではなく裏なのだが、ちりめん状のシワがよっている。
ここのシワが一番大きいが、同様のシワはかすかに向かって左側の端部にちらちらと見受けられる。出っ張りがあるとかではないし付けてしまえばほとんど見えなくなるが、あのエアージャケットにしては甘いなあという感想。



R0011201

保護フィルムがセットになっているのはスタートアップとしてはうれしい。アンチフィンガープリントと言うがアンチグレアでは無く、グレアフィルムに疎油加工が施されているようだ。触ってみると確かに指紋はまったく付かず、けっこう本格的にアンチフィンガープリント性を発揮する。マイクロソリューションのアレみたいな感じ。素材自体は同じOEMかもしれない。

R0011240

ところでiPhone6/6Plus保護において、液晶のカーブドガラスが鬼門として浮かび上がってきている。平面保護フィルムではこのカーブ部分に貼ることが出来ないため、今売っている保護フィルムは皆カーブ部分まで到達しない作りになっている。

R0011242

飽くなき保護への欲求を追求し続けるiPhone液晶保護製品業界なら、おそらく立体加工だの軟質素材だのでいずれブレイクスルーを起こしてくれるものと思っているが、まだ発売1ヶ月程度ではそうもいかない。

R0011241

こ の付属品も例外では無く、写真のようにだいぶ保護できないスキマが空いてしまう。液晶表示部分すらかろうじて覆っているような状態で、液晶保護業界の歯ぎ しりが聞こえてきそうだが現状では致し方ないところだろう。保護フィルムならまだ良いが、保護ガラスはこの問題を解決できるのかが気になるが、凹型に成形 すればなんとかなるだろうか?


R0011175

さて本体。かなりキッツキツであるが装着。ケース屋にとってはiPhoneの形状が丸いという3GS以来の難関であるため、外すことは基本的に考えずに設計してあると思われる。

R0011193

伝統的にSIMスロットは封鎖される。まあ日本の一般的なユーザーにはこちらの方が好ましいだろう。
SIMスロットのとなりにうっすらと傷のようなものが付いており、割れているわけではないものの針で強くひっかいたような状態になっている。
気づいたのが付けてしばらく立ってからで、自分の手違いで付いた傷ではないと断言できないため保留しておくが、どうも僕はこの傷は最初からついていたように思うのだが。これまた個体・ロット差による整形不良の一種かもしれない。

R0011195

液晶面の保護。エアージャケットにしては珍しくちゃんとフチの高さが確保されている…かと思いきや、単にiPhoneの液晶端部がカーブしているためフチが立っているように見えるだけで、実際の高さはほとんど液晶面と同じくらいである。


R0011196

一見かすかに出ているように見えるのだが、実際かすかに出てはいるのだが、出っ張ったフチに期待される保護性能は無い。
保護ケースの縁の有無もまた論争の火種ではあるが、フチがあるならあるで出っ張っていてくれた方が保護になるし、無いなら無いでカーブ終端と一体化するくらいにしてくれたほうが薄さを感じられる。これはちょっと中途半端。

R0011192

ただ、向かって右下部分のフチが若干削られているのが見て取れる。ここを高くしてしまうといよいよケースに入らなくなるため苦肉の策か。
こちらは液晶ガラスのカーブに沿っているかというとさにあらず、結果として数ミリほど金属部が露出することになっていて、エアジャケを買うような層にはかなりの抵抗があるのでは無いだろうか。角度によってはこのカド面が直接地面に当たることも起こり得る。基本的にはほとんど考えなくて言い範囲の話だが、相手はエアジャケを買うような層だし、ここはちょっと手痛い批判を食らう予感がする。


R0011194

信者阿鼻叫喚などと叫ばれたがどう見てもアンチや外野の騒ぎ声が一番うるさいと評判のカメラ部の出っ張り、エアージャケットはきっちりとカバー。出っ張りがあるわけではなくエアジャケ本体の厚さだけでちゃんと保護できている。

R0011176

R0011198

イヤホンのほうは切り欠かれててLightning端子は切り欠かれていない。Lightning端子のここがまず折れそうだと感じる。
穴の大きさは多少太めのサードパーティ製ケーブルでも刺さりそうだ。

R0011197

スピーカー部分は穴一つ一つに正対してくりぬかれている流石のクオリティ。

R0011177


ボタン部はただくりぬいてあるだけだが、薄さと精度と開口部の大きさで、押すことに支障は無い。


R0011200


全体としてシンプルかつ手堅くまとまっている。もはや何種類有るのかわからないクリアケース界でも、これを付けて駄目と感じる人もなかなかいないのではないだろうか。まあそのなかなか居ないはずの駄目な人がこぞってエアジャケに群がる社会の仕組みがあるような気もするが。

また微細な傷を修復するというコーティングの効果はどの程度のものか確認出来ないというかしたくないのだが、普通ならば白い掻き傷で残って居いるであろう場所が、うっすらと極小の凹みのような形状になって目立たなくなっていることは確認できた。


さてエアージャケットセット。
まずはいろいろ初期の不具合めいた部分もあれど、相変わらずこの手の「付けてない系クリアケース」としては最高峰、玉座に座すべき存在と言って良いと思う。薄さも扱いやすさも本当にケースなど付けていないかのようだ。

同時にこの「付けてない系クリアケースの玉座」には、『付けてない系ケース専門ユーザー』という、世にも面倒くさいダモクレスの剣が吊してある。脅迫観念的なユーザーが多いiPhoneケース業界でもトップクラスの口うるささを持つ連中である。フチや整形不良はその点ではかなりきつい目を向けられかねないと思う。
そんな面倒くさいユーザーなど無視すべきなのかもしれないし、実際の所こういう部分をクリアしている他社のケースは別段出来が良いというわけでもないし、全く別の問題があったりもするから結局エアジャケが選ばれるのがいつものパターンなのだが。

面倒くさいユーザーでないなら、エアジャケはとりあえず買うケースとして真っ先にオススメである。失敗することはない。なんだかんだと言いまくってきたが、流石はスマートフォンケースの老舗と言えるだけのクオリティは今回も確保してきていたのだった。
「いままでの惰性でiPhone買ったらエアジャケ買うわー」という人も少なからずいるだろうが、そういう人間が居る事実にはクオリティの裏付けがあるからでもある。結論としてエアージャケットは今回も鉄板だろう。








とはいえわたしはもっとへんてこなケース選びたいのでいずれ机にしまわれるでしょう。
余談だけどエアジャケを無傷で外すのは骨が折れる作業だが、無理では無かった。