_DSC7152

買ったよ。
いまさら星の数ほどあるくだくだしいレビューは繰り返すまい。私はついにiPhoneに、iOSに戻ってきたというわけだ。長き道のりであった。
別に自分で勝手にiPhone5を売り払ってNexus5だのZ ultraだのに浮気しているのだから自業自得以外の何物でも無いのだが、Android世界の体験は個人的には全く楽しいものでは無かったと吐露しておく。

AndroidというOS体験はまだ置いておくとしても、Xperia Z Ultra の大きさと来たら人に「デカすぎ」という以外の感想を持たせることを阻むかのようだ。いやiPhone6 Plusも冒頭写真のようにけっこうな大きさであり、逆に薄さはZ Ultraのほうが薄かったりするのだが、なにかiPhone6やNexus5が以外としっくりくる大きさであったのに比べZ Ultraは最後まで慣れると言うことがなかった。使いにくいという意味では無いが馴染みに無縁というか。

どうもSONYという会社の製品における「サイズ観」は、使いやすさや合理性や芸術性と言うよりは「人を威圧する目的」を持ってサイズがデザインされているものが多々あるように感じる。デカくて便利とか薄くてカッコイイとかそういう意図では無く、どうだ薄いだろデカいだろコノヤロウ舐めんなという勢い第一。それが行きすぎたのがVaioのPだのXだのUXだのと言えば同意して頂けようか。別に悪い意味では無いしそれがソニーの魅力と言えばそうなのだけど。

まあ、ここでは別に携帯電話の肥大化を憂う小型化神話時代を生きた中年オッサンのようなことをノタマう気はさらさら無くて、逆に僕などはファブレットが流行ることを確信してやまない派である。デカいことは良いことだ。流石にZ Ultraあたりが大きさの許容の限度ではあるとは思うが、iPhone 6 Plusであれば今後十分に流行る。

そもそもからして僕は携帯の画面が2.4inchから更に大型化(と言う名の縦長化)ブームが巻き起こっていた時代に3.5インチのW-ZERO3を所持してそれを耳に当てキチガイ扱いされていた人間である。それが今やどうだスマートフォンで最小クラスと言われるiPhone5ですらもうW-ZERO3より大きい(薄さ除く)
「携帯が情報端末になるにつれ、これくらいの画面サイズにはなっていくだろう」と言っていた俺を肯定した人間など一人もいなかったし、「タッチパネルはすごい、いずれほとんどの携帯の画面はタッチパネルになる」との俺の言をみなガジェットオタの世迷い言と判断していた。結果はこのザマである。オタクの言うことはアテにしておくものだ。
携帯など歴史が浅い上に日進月歩なのだから、あっという間に常識が移り変わる。新しいデジモノが登場する際は、常に先入観をなるたけ排除して接するようにしたい。

_DSC7137

そういう俺の心の叫びを表すかのように一通り並べた写真を撮っておく。
SH505i、iPhone4、Lumia820、W-ZERO3、iPhone5、Nexus5、iPhone6 Plus、Xperia Z ultraの順。

流石に右の二つ、Z UltraとiPhone6 Plusは大型と言えるだろうがiPhone5やNexus5は普通の大きさである。それと比べればW-ZERO3がさほど大きく見えないのに注目したい。イヤ別にiPhone6 Plusの記事なんだからそんなことに注目しなくても良いが。
_DSC7142

厚さを見ると流石に同じくらいと言うイメージは消え失せ、W-ZERO3の厚さにのけぞる。いやはやW-ZERO3の画面部分だけのスマートフォン出たら最高なんだけどなーと言ってモノ知らず扱いされていた思い出もあるが、今やそれより薄く大きいスマホが山のようにある時代である。未来というものを舐めない方が良い。

もっと蛇足を付け加えるなら本当は左にはSH901icだのN73(705NK)、N95(X02NK)、nineやらiPhone 3Gやらの電話が入るはずなのだが、一時期から使い終わった電話はすぐにオークションに出している。一瞬だけ所持した端末としてならN82とかHTC Oneとかもあるが、これもオークション用だ。こうして並べるときにそれらを思うともったいなさを噛みしめるのだが、よく考えたら並べて悦る以外に別に価値があるわけでも無かった。(あ、BlackBerry Curve 9300を入れ忘れた)
携帯オタという連中はこうやって、黒か白の板きれを無数に並べて互いの順位付けを確認し合うサル山のマウンティングのような習性を持っているが、かようにくだらないプライドより売って次の端末の足しになる現金のほうがよほど大事だ。

_DSC7148


だいたい携帯オタ同士でサル山マウンティングするのはいいが、その光景は本当に黒か白の板きれが無数に並んでいるようにしか見えず、携帯オタ以外には何をやっているのかわからないしとても不毛である。なのでせっかく並べるならこのようにカラフルで機種判別がしやすい面を向けて、ついでにモバイルに関係あるけど並べておくと楽しいモノを並べた方がずっとよいだろう。


_DSC7150


W-ZERO3やZ Ultraがデカいと言っても、このゲームギアや初代ゲームボーイと比べてしまうとなんともどうでも良くなる。ていうかゲームギアのデカさたるやちょっとただ事では無い。

_DSC7151

なんだか脱線した話を元に戻すと、iPhone 6 Plusの大きさはこれくらいだ。PSPを薄くして縦持ちした程度というとちょっと大きいように感じるが、初代GBを4分の1の薄さにしたくらいと言うと小さく感じる。人間の感覚など当てにならないモノだ。

さて、タイトル通りiPhone 6 Plusは大きいのか?
真面目に言うと6 Plusの大きさは決して「ムチャなサイズ」ではない。従来の端末の使い方を1mmも変えずに使おうとするから軋轢が生じるのであって、これくらいのもんだと認識して使えば、なかなかどうしてこの時点で既に洗練され高められた適度なサイズ感なのだから、つくづくiPhoneのデザイン班は仕事が絶妙である。
端末の適度な丸っこさや、ちょっと野暮ったいほどの「Dライン」の存在はいかにもマーク・ニューソンの参加を想起させる仕上がりで、このひとのデザインはシャープでモダンに見えてもどこか優しさが欠かせないモノだから、実際手に取ると妙な安心感がある。長らくAndroidに浮気していた自分が戻ってきた望郷の念だけでは無いと思うが。

とにかく購入検討の諸氏は先入観を捨てて、この新しいスマホに自分の手で触れてみて欲しい。どうせ世の中すぐに似たような大きさの端末だらけになるのだから。











郷愁を漂わせるためだけのアフィリエイトである。つーか検索すればあるものなんだなあ…