※こちらはプロガードARSH 「PHASE1」タイプのレビューです。
現在販売中の「PHASE2」はセンサー開口部やセパレート方式、付属品に変更がありますのでこちらも参照

R0014464


本命来たる。
やってきました最高の保護フィルムことマイクロソリューションプロガードシリーズ。
なお最高かどうかは個人の感想です。

【保護フィルム】マイクロソリューションのプロガードARSHは定番保護シートにすべき【iPhone4S】


【iPadアクセサリ】困ったときの旧世代頼みで済ませるアクセサリ【プロガード&eggshell】


過去二度に渡り使ってきたマイクロソリューション製保護フィルムプロガード。
プロアクティブのいとこです。違います。
今回のiPhone5でも颯爽登場最速貼付と行こう。

パッケ

R0014466

今回も封印シールだけど、ちょっとたいぷかわった。


R0014467

付属品は、いつもの説明書と言う名のパッケ紙、いつもの布、いつものシール、そしてARSH…が2枚
2枚!お得!
プロガードは他の保護フィルムより消耗品的な面が強いのでこれはありがたい。
今回は離型シートは3ピース構造になっているようで、位置決めがしやすい配慮がなされている。


R0014476

布はタイプがちょっと変わった。幾分フェルトっぽい感じに。貼る際も重宝するが、この布はホコリが出やすそうで少し気をつけたい。

R0014470

ARのため、ほんの僅かだけ色が黄色味を帯びる。写真ではわかりにくいが肉眼でもほとんどわかりにくい。


R0014472

さてまずはARSHに恒例のテストを敢行する。そう油性ペン攻撃だ。
さすがに新品に一撃を決めるのは初めてなのでドキドキする。貼ってしまうとiPhone5h本体が黒いせいで見えなくなってしまう。新品でしかも貼る前でなければダメなのだった。

R0014473

勇気を出して、

R0014473

うおおおおおおおお!と言いつつ今回は別に引っ張らずにやる。

R0014474

キュキュっとな。
もはやインクの粒が浮いている。勝敗は見えたようなものだ。

R0014475


ティッシュひと拭き。
跡形もなかった。ほんととんでもない防汚性。



ちょっとこれは感動的なので動画も残してみる。
左がプロガード、右がバッファローのケースに付属していた無名フィルム。インクを完全に弾き返している。

IPAAC0042

これは以前のテスト。タミヤカラーを完全に弾き飛ばしたのは笑った。


R0014477

満足したところで貼りに行こう。ここ最近風呂場がお友達。

ピター。

R0014483


離型シート3ピース構造により一番上の段だけ貼ってみる。このままボタン部の位置があっているか確認してから貼れるので正確な位置決めが可能。
しかし以前のiPhone4用はカラ気泡すらほとんど出現しなかったが、この3ピース構造では継ぎ目に少々気泡が出てしまうようだ。正装・聖域(全裸で風呂場)での貼付けでなければホコリ混入の危険もある一長一短な要素だ。
プロガードは他の保護シートに比べて柔らかく傷がつきやすい弱点を持つため、気泡を押し出す際はくれぐれも布などの上から優しくすること。付属の布を使うのが安心だが、くれぐれも何かの破片など硬いものがついてないかは確かめるように。

万一カラでなくホコリ気泡ができてしまった場合は剥がして付属のシールなどでぺたぺたする。幾度と無く注意しているけどSHコートを施されたマイクロソリューションのフィルムは、一度貼ってしまうとテープで剥がすことはできない。油性ペンすら弾き返すスーパーハイドロフォビックコートにはテープの糊など全く通用しない。一度やってみるといいけどホントにつかないよ。ガムテー プの裏地ってレベルじゃないよ。

R0014478


R0014480

貼り直し、ホコリ取りなどの場合は、このように保護フィルムのついていた離型シートを少し折り曲げて把持し、カドの部分や辺をあてがうことで、容易かつ丁寧清潔に剥がすことができる。

R0014484

蒸着。
ホコリは入りませんでした。たくさん気泡は入った。あとは気泡を押し出すだけ。テープで剥がし直しができないことから高難度とするレビューさんも多いが、上記の離型パネル剥がし法を使えば中難度くらいにはなるかもしれない。

R0014488

穴はミヤビックス(左)より大雑把。経が狂ってるなどの不具合ではない。

R0014489


ミヤビックスに比べると薄め。というよりミヤビックスのオーバーレイは業界標準(勝手に思ってる程度の厚さ)と比較するとかなり分厚い。


R0014490

ARコーーート!ここ「メタル・フルコート」的な発音で愛と勇気は言葉。
相変わらず眼を見張るほど美しい反射防止コート。まあ見張ったところで反射が見えないのだが。環境光レベルがカットされ、陶磁器のような質感になります。
反射光が若干青紫がかっているのも従来通り。これはあくまで反射像の色であり、反射光はほぼ目立たなくなる。そしてフィルム本体は「ほぼ」無色透明で液晶の色が変わったりはしない。お手持ちのメガネ等と同じ原理。

こういうの、3DCGライティングでいうところのスペキュラは青くなり、ディフューズはカットされ、マテリアルカラーが直接、とか説明できるといかにも3DCG畑な感じでかっこいいのだけど、わたしごときライティングの基礎を欠くゴミモデラーにそれを望むのは酷ですはい。

R0014491

指すべりも相変わらず最初からクライマックスに良い。少し摩擦力はかかるが、ベタつきは皆無でキュッキュ言ったりもせず、指の油でヌメることもないという不思議な質感。どんなにベタベタ触っても全く皮脂がつかない。さすがに顔に押し当てると薄雲るが、ヌノのひと拭きで雲散霧消する。
相変わらず良い仕事だよマイクロソリューション。

ただし幾度と無く注意してきたが、ARSHは耐久性が難。2ヶ月程度も使えば傷とARSHコートの剥離が起こり、張り替えたいくらいの見た目になってしまう。その点でも2枚入って1300円は心強いが、GLAS.Tやオーバーレイブリリアントなどの高耐久系保護フィルムと違って、完全に消耗品と認識して使うこと。

R0014492

こうして今回もマイクロソリューション プロガードARSH (実売1300円好評発売中)にお世話になることになりました。耐久性以外は文句ゼロでございます。

ただ、せっかく2枚あるのだから汚れてきたら早々に剥がして次のフィルムを試したいという思いもある。具体的にはGLAS.Tなどのガラス系に挑戦してみたい。失敗してもプロガードがあるさという鉄壁の安心感は心強い。

マイクロソリューションでぐぐると上位に出るため若干宣伝じみてきたが、これがステマだと言われるなら喜んでステマするってもんです。みんなもレッツプロガード。

ちなみに、マイクロソリューションのFacebookによると、背面フィルムの制作も予定されているそうだ。それもマトリクスフィルム(なにそれ)によって浮き彫りのリンゴマークが浮かない優れものとか。
ダイソーの4.3インチ保護フィルムを流用するなどしなければ背面保護フィルムが貧弱な現在、こちらも出たらすぐに入手したいところ。


iPhone 5 撥水AR PRO GUARD ARSH HD Professional Anti-Reflection Super Hydrophobic / PGARSH-IPH5iPhone 5 撥水AR PRO GUARD ARSH HD Professional Anti-Reflection Super Hydrophobic / PGARSH-IPH5
販売元:マイクロソリューション Micro Solution Inc.

販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

「撥水」とかついてるけど水が染みる保護フィルムなんて言う怖ろしいものがこの世にあるのだろうか。撥油ではないのか。
ところでHDAGARSHこと「漆黒」は最近見ない。アンチグレア自体はあるのだが。


iPhone 5 ブルーライト PRO GUARD EYE HD Professional Blue light LED EYE Protect / PGEYE-IPH5iPhone 5 ブルーライト PRO GUARD EYE HD Professional Blue light LED EYE Protect / PGEYE-IPH5
販売元:マイクロソリューション Micro Solution Inc.

販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ブルーライトカット仕様という最近流行りのZOFFとかJINSな子も登場していた。こっちも興味深かったのだが、「ホワイトモデルの色が黄色く見えてしまうため」という神経質な理由で画面部しか覆わないというよくわからない設計だったのでスルーした。
そういえば画面部のみ覆うiPhone保護シートって、需要あるかは別として希少かもしれない。ブルーライトにお悩みの方はこちらで。