R0013170


まずまたぞろテキトーなもの衝動買いしやがったことについて俺自身がギャフンだよ。もう





R0013182

まずい!悪の組織「タブレットトカモジウテネージャンジョウジャクオツ」の仕業で、ぼくらの新しいiPadが、PCでやりゃいいような長文打ちまくる必要のあるタスクを無茶振りされているぞ!

_DSC4060

安心したまえ!こんな事もあろうかと、新開発した兵器がNTT-X Storeで3980円(1000円引きクーポン含む)だったから衝動買いした結果さっき届いた!

博士!去年の10月に発売したものを今更買って新兵器と豪語するのはどうなんですか!


R0013128

心配はいらない!安心のロジクール製で品質はバッチリだ!充電用ケーブルも完備だぞ!
さあロジクールスーパーラッチフュージョンによって超合体するのだiPad!


R0013130

ジャキィン!

ああっ博士!前モデルより0.5mm厚くなったNEW iPadはiPad2用に作られたTK900ではすこし厚みが合いません!

大丈夫だ!私の開発したハイパーフュージョンアシスト機構により、問題なく合体は完了する!
チェストォーッ!


R0013132

めこめこばきばき

ああーッ!ラッチを無理やり押し広げてねじ込んでいる!ああ「開発」ってそういう…

さらにアルティメット博士オペレーションにより、着脱を容易にする!これが!これが!ウルトラフュージョンアシスト機関だ!

名前テキトーにつけてるのがバレバレな上にやってることは何回か着脱繰り返してなじませているだけだ!ていうか意外とすんなりハマったことに博士自身も驚いている!

うむ。付けるときはDockコネクタ側を先に挿入し、動く方のラッチを押し広げれば楽に入るようだ!少々力は要るがしっかりハマるぞ!そして何度か繰り返せば、付けるも外すも適度な塩梅になる!ちょうど嫌がるJKを何度もピーしてピーすると最後にはよがり狂うようにな!(二次元の話ですので良い子はマネをしないでください)

おまわりさんこの博士です!


R0013133

合・体・完・了!


R0013135

分厚いケース本体がiPadを完全防御!しかし後述する機構のおかげでたいして頑丈なわけではないぞ!


R0013141

その厚さはiPad合体時で20mmに達する!なんという持ちにくさ!そして一般的なスリーブへの収納は不可能となるのだ!
同時に超弩級の重量!600g程度のiPadに480gの重量をプラスし、1kgを優にオーバー!
厚さと質感も相まってその体感重量は2kgに迫る勢い!(ゆで理論的な根拠による)


R0013137

もはやX120eあたりの小型ノートPCと大差ないまでに肥大化したNEW iPad+TK900!


R0013146

博士!布スリーブだと入りそうで入りません!

入る入らないではなく入れるんだよおおおお!ミチミチミチ!らめえ壊れるう!

あ!絶対常用できないけど入るには入った!そして誰か救急車を呼んでください!黄色いのを!
そして博士!これならそこらへんの頑丈なTPUケース付けてた方が100倍くらいマシです!

黙っとれ糞ガキが!てめえはEggshellドヤ顔して付けて1週間でヒビ入れて絶望してろ!死ね!

うわどんだけキレてんだこのボケ老人!さっさと機能の説明に戻れ!


R0013143

うむそれでは悪の組織の奴らに目に物見せてくれよう!トランスフォーム!

ぽちっとな


R0013144

ういいいいいぃいぃぃん グゴゴゴゴゴゴゴゴ

R0013147

カッ

R0013149

ジャキイン!


R0013151

バシイーッ!

R0013152

ビキビキビキドゥフアーデュクシデュクシ


R0013153


R0013154

ガキィーッ!

R0013155

ドドドドドドドドドーッ

R0013156



ブォオウウン


R0013158

バッ

R0013159

ド ン !

R0013160

バァ―――――――z______ン



トランスフォーム完了!

どうだね!これがTK900 キーボードフォームだ!

博士!口で効果音を叫ぶもんだから唾が飛んでウザいです!



説明しようTK900とは!
普段はただの分厚いプラケースだが、iPadユーザーの「フリック入力最強とは言ってもやっぱり物理キーボード欲しいよね」の思いが頂点に達したとき!
iPadのソウルから(具体的にはBroadcom BCM4330 BT統合ワイヤレスLANチップから)溢れ出るBluetooth4.0電波に呼応し、物理キーボードを超速で展開!(手動)
分割合体展開により、19mmフルピッチのアイソレーション型パンタグラフ式QWERTYキーボードが出現するのだ!

見るがいいこのThinkpad X120eと同等のキーピッチを!

R0013162



R0013168

博士もはやこれならノートPC持ち歩いたほうが!

何を言うか!WindowsでAngrybirdがプレイできるものか!(※できます)iPadだからこその価値があるのだ!


R0013145

おっとペアリングはここのキーを押すんだ!保護シールを剥がすのを忘れずにな。ちなみに電池は別途充電式で500時間使用、充電はUSB経由だぞ!

博士!こんなに分厚いのにiPadへの充電とかそういうシステムは無いんですか!

ゆとりガキはこれだから困る!この往年のThinkPad 701Cのバタフライキーボードを彷彿とさせる超スペシャルな機能に、便利な電池機能など不要なのだ!

素直にロマン機能乗っけただけで厚さ重さ的に力尽きたと言え老害ジジイ!


R0013161

iPadとはBluetoothで接続するので、iPad側のBluetoothをオンにしなくてはいけないぞ!

HIDプロトコル対応だからiPhoneやAndroidはおろかノーパソですら普通に使えるんですね!

何を言うんだ!それでは単に、要らん開閉機能で剛性を犠牲にした無駄にかさばる残念キーボードではないか!iPadとの合体にこそ価値があるのだ!バーカバーカ死ね!

あんたさっき超スペシャル機能言うてたやん!

R0013169

iPad専用である証として、Fnキーとの同時押しで、ホームボタン、Spotlight、iPod操作や画面ロックもできるぞ!オレンジのキー刻印を参照だ!

博士!そうは言ってもせいぜいできるのはそれだけで、ブラウザ画面を矢印キーでスクロールすることすら出来ないので結局タッチ操作が前提になります!

ううむ、せめてAlt+Tabでタスク切り替えとか、ホーム画面のアイコンをキーボードで選択できたりすればよかったのだが…。例えばホームボタンキーを二度押しすると本体と同じようにタスクスイッチになるしな。しかしその後の操作はできないという。今後のiOSに期待だ!

でも文字入力時のCtrl+ZとかC、X、V、Aなどはできますね!CtrlではなくMac風にコマンドキーですが!

シフト選択や文字入力の変換位置変更などなど、文字入力に関しては一般的にできることはできるといっていい。Alt(Option)を押しながら代替文字入力が可能なのはMac譲りだな!

ControlキーだけはiOSで何に使うのかよくわかりませんでした!別機器につないだ時に使えるんでしょうね!


R0013177

BT機器ということで、「説明書やレビューにはロクに書いてない場合が多いけど実運用するとたまに気になるBluetooth機器特有のポイント」を幾つか検証してみよう!


R0013166

まず「充電しながらの使用は可能か?」という点だが、これは問題なく可能だ!充電ポートはキーボード右下にMicroUSBポートがあるぞ!


R0013175

ケーブルはツマミがついていて取り回しが良いですね!
次に「電池残量の詳細な確認方法」ですが、これは方法がないようですね!最近のヘッドセットなどはiPad側から確認できたりしますが、TK900は確認できないようです!バッテリーのインジケータランプはあるので、少なくなると赤く光ってくれると期待します!


R0013174

また「接続先機器の切り替え関連」だが、基本的には複数プロファイルなどの機能はない!別機器に接続するときは毎回PIN入力が求められ、上書きが前提なので以前の機器に繋ぐ場合も同様だ!少々手間はかかるが、この辺は非常に安定していて高速だ!複数プロファイルを謳いながら接続先が混乱しまくる安物のBT機器よりは良いだろうな!


最後に「電源オンオフ絡みの利便性」なんですが、TK900単体には電源スイッチはないようです!。しかしキーボードを閉じるとiPad側のBT接続表示がオフになり、開くと復帰するので、展開とTK900の電源は連動しているようですね!

今更そこに気づくとはやはり凡才か!再接続も高速だし、本当にノートPC感覚で使えるということだな!まあ展開したまま電源を切る方法は見つけられなかったので、単なるスタンドとして使う場合は少々注意が必要だ!


R0013173

キーボードのハードウェアの解説に移ろう!打鍵感はなかなか張りのある良いパンタグラフだ!前述のキーピッチや配列も実に正しくまともなキーボードであるぞ!少々土台が心もとないが、少なくとも4000円台の安物キーボード内では確実に良いほうだ!

質の悪くなりがちな色物や専用品でここまでまともだなんて!さすが元の希望小売価格が12,800円もするだけのことはありますね!ソーラーキーボードK750などのロジクール製パンタグラフと遜色がありませんよ!

うむ!まあ単に文字打ち板に4000円出すならマイクロソフトのSideWinder X4とか買ったほうが数万倍マシだがな!

お前もう黙ってろクソハゲ!


関係ない話だが新型のK760はソーラー+Bluetoothということでかなり期待しているのだが

あれはモバイルキーボードとして完全理想形かもしれませんね。電池切れの心配がありませんから。K750のいろいろな問題点が解消されていれば名プロダクトになると思います。まだ日本で出てませんがSolar Keyboard Folioなんかも同様に期待ですね。


R0013178

コネクタ類はひと通り干渉なく接続できるぞ!スタンドになるのでドック要らずだ!スピーカー穴も地味に開いていたりする!

高さ調節などはないですがしっかりしたスタンドは嬉しいですよ!こんなトンデモ機構ながらiPadの安定性は抜群でぐらぐらしません!スマートカバーと違って縦は無理があるどころか物理的に無理ですが、いっそたたんだまま別スタンドに立てるのもありですね!


R0013134

底面のゴム足は机に載せれば高グリップ力を発揮する!


R0013163

このようにラップトップでもかなりの安定性だぞ!
家内モバや寝モバでも意外と便利だ!いざとなりゃ外せ!寝モバで横向いてりゃすなわち縦使用になるしな!

ダメ人間臭漂う無茶説明をありがとうございます!


R0013167

ちなみに博士!横画面で使うのが前提なのはいいんですが、展開してしまうと横のスイッチ類に指が届きません!画面回転ON OFFに設定しているとちょっと面倒です!なぜこちらが上になるような配置にしなかったのですか!

スマートカバー対応などするものだからスイッチのある側をこちらにするしかなかったのだよ。少しTK900を閉じてからスライドさせてくれたまえ!


R0013129

R0013181

細部や質感はやはりロジクールの高級色物品らしい丁寧さがありますね!

ああ!見たまえこの展開時の適度な剛性感を!いつまでも開け閉めを続けて悦ることすらできるぞ!

変態御用達もいいところですね!ところで博士このケースに弱点はあるんですか!弱点しか無い気もしますが!

仕方あるまい教えてやろう!TK900の最大の弱点、それは!


R0013172

あっ!カメラ穴がない!ということは装着時はカメラ完全封印!なんてことだ!これではNew iPadで500万画素に強化された美麗なカメラを味わうことができなくなります!

うるせえ!こんなデカイ板切れで写真撮ろうとするほうがマジキチなんだよ!いざとなりゃ外せって言ってんだろ!殺すぞ!

あんたよくそんなんで博士やってられんな!なんの博士だ!



R0013179

兎にも角にも癖の強いケース&キーボードであるTK900だが、モノの出来としては非常にまともだ!
厚いし重いが、意外とリビングモバイルでは気にならない程度に収まっているのも良い!

タイトル通り運用の仕方によってはASUSPad Transformerのような使用感を得ることができますね!
むしろ展開機構や「実際つながってなくても使える&別機器でも使えるBluetooth」であるところを鑑みるとTFより便利かもしれません!

少なくともこれが3980円ならば間違いなくバーゲンプライスだ!おそらくiPadの4代目では筐体変更で使えなくなるかもしれないが、この値段と内容ならばさしたる問題ではあるまい!

しつこいようですが電池機能を載せて充電を一元化したりすれば、さらなる高みに到達していたと思いますよこのケースは!ロジクールお得意の「結構すげえ色物」歴史にまた1ページ追加ですね!

あとは本当に、iOSのIMEがもう少し賢ければ文句がないのだがな…ATOKやGoogle日本語入力、百度などを自由に入れられれば素晴らしいのだが!

ATOK Padなどで対応するしかありませんね!それでもフルキーボードだと意外とそこまでお馬鹿変換に思えなくなるのは良い感じです!ひどい学習のMS IMEよりは良いかもしれません!

ああ!タッチパネル打ちよりは長文を打とう、ぜんぜん打てるぜと言う気になるな!

ソフトウェアキーボードを表示していると変換が効かなくなったり、細かい粗はいろいろありますが、先ほどのキーボードによる入力以外の操作の充実も希望したいところです!

話は少しズレるが、BTキーボードで最低限の操作が可能になると、iOS専用のリモコン操作機というちょっと素敵なプロダクトも実現可能だったりするし、そこはアップルに期待の眼差しを向けておこう!まあ期待薄だがな!


同様にLogicoolからはTK700TK600なども出ていますが。

たとえばTK700はアルミなのは良いが、ただ載せるだけでスタンドとしては頼りないし、TK600などいよいよもって単なるいれもの付きBTキーボードだ。こういうタイプなら前述のSolar Keyboard Folioを待ったほうが絶対にいいし、良いスタンド、良いケース、良いキーボードという単体要素で優れた製品なら他にいくらでもあるのだ!

すべてを一体化し、その上ここまでのロマン要素を備えているのはTK900だけですね。そのうえ一番安いとは!

そうだ!なぜか最高級機であるTK900がいま実売一番安いのだ!…なんでだろう。不人気なのかな。

ぶっちゃけそりゃそうでしょ普通買わないよこんなの。

そう?

そらそうよ

そう…

まあそうでなくても12,800円って値札は、好きものでも首を傾げますしね。流石にロマンだけで出す値段ではないし、こうして実際安くなってから買うほうがいいです。

色物ガジェットのアーリーアダプタの苦悩が見えるようだな。



さてそれでは変形・解説も済んだし、その間おとなしく待ってくれていた空気の読める悪の組織とやらの長文タスクをガンガンぶちのめして行こうではないか!

わかりました博士!それともちろん、このエクスクラメーションマークだらけの茶番劇スタイルの記事も、今回はTK900でぶちのめしたんですよね!

R0013176

いや普通にPCでRealForceとGoogle日本語入力使って打ったよ

死んでしまえ


R0013180




LOGICOOL トランスフォーム キーボード TK900LOGICOOL トランスフォーム キーボード TK900
販売元:ロジクール
(2011-10-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る






どうでもいいけどこういう掛け合いで進む茶番劇スタイルって、アイコンまでつけて全記事全編それで通してるブログたまにあるけど、やってみたらある意味すごく構成が楽でしたよ博士。

何も考えずに書いても一定の叙述として破綻なく成り立つからな。キャラ分けしていると多様な視点や展開を演出しやすい。ギャグがほしい時はギャグ担当に振り、説明がほしい時はその担当に振るといった具合にな。テンポもよくなるし、現代的お手軽文章スタイルと言えるだろう。

「キャラ同士の掛け合いで話が進んでいる」ので、書いている作者という主体を煙にまけるというのもあると思いますよ。作者のカラーを出さずに済むわけです。

そう、それ。カラーが出ないということは例を挙げると「中学生が書いてもイタさが出にくい(ように見える)」とも言える。SSなんかも会話だけで進行するのばかりになってしまっているしな。まあ匿名ネットには親和性が高かろう。

しかし今や商業ラノベですらこういう傾向があるんですが、これだと文章としての表現や深みや心理描写も何もあったものではないですね。「心理描写」が単にセリフをカッコ書きすることとイコールになりそうです。

レビューや日記や随筆にそんなものが不要だからだ。いやそれらに限らん。受け手の多くにとって不要なのだよ。「わかりやすい」ものが求められる現代の大衆娯楽作品にとっては、理解を阻害するだけの邪魔ものだ。
現実に今時の大衆娯楽メディア作品はだいたいがセリフによる説明劇だと思わんかね。これが受け手のニーズであり、今後もそれは続く。

哀しい気もしますがそんなもんですかねえ。じゃあうちも今後はこれでやりますか

やらねえよ