DSC_1251


どどーん。
Unique Squraredで味を占めたわたくし、今度はAdoramaカメラからレンズを輸入してみた。
DSC_1252

梱包材の山。まあカメラ系だから少ないくらいかもしれないが。


DSC_1254

そびえ立つズームレンズ!


さて、この70-300mm VRは本来非デジタルやフルサイズ機用のレンズなのですが、別にDX機につかないということはない。それどころかレンズ中央の「オイシイ」部分だけ使えてお得という声もある。もちろん画角はその分小さくなるが、広角はともかくズームレンズでそれは逆にお得という説もまたある。
このレンズの場合35mm換算で言うと105-450mmとなるわけだが、450といえば結構な大型ズームレンズである。バードウォッチングや航空ショー行くわけでもない私には用途は思いつかないが。

もちろんニコンのズームなのでおなじみVRⅡ搭載で手ぶれ補正もバッチリ。それでいて定価8万のところ実売5万円を切ってたりするわけで、結構ヨサゲなレンズである。
しかしヨサゲってだけで適当に買ったわけではなく、父上が先にこのレンズに目をつけて購入しD300で使用したところ、4万円強のレンズとは思えないほど素性が良かった。最近のレンズはすげー、なのかフルサイズ用は格が違った(あんまり売れないけど)なのかは知らないが、とかく金リングでないズームレンズ買うならこれはなかなかいい選択肢だと思った。
70-300というだけならVRのつかないモデルもあるが、こちらはかなりの骨董品の上それこそ「ダブルズームキットについてくるレンズ」よりヒエラルキーが下というなんだか不安な奴だ。望遠が必要というならいいが、レンズ資産にはならなさそう。VRないし。


日本で5万円程度のレンズではあるが、米国でもやっぱり500ドル付近の値段だったりする。となるともはやドル80円時代を迎えた現代社会においてはこれを利用しない手はなく、早速Adorama Cameraに赴いて購入。
B&Hと同じくAdoramaもまた海外発送をしているので、直接発送でもいいのだが、今回はGoPro用のいろいろを付けたのでまたしても国外発送不可。どうせ手数料合わせた送料は大差ないので(今回は43ドル)スピアネットにお願いした。
この混乱時でもスピアネットは送付できるまで無料で取り置きの良対応、日通は自前の航空便を使ったか、成田発送の次の日には家に届いた。
地震に負けない物流の鬼どもめ。尊敬する。



アンボックス

DSC_1255

例によってフードとポーチが白箱に入っている。
ちなみにニコンレンズは基本的に国際保証である。壊れてもAdoramaやニコンアメリカに連絡すること無く、国内のニコンに持ち込めば5年間は直してくれるということだ。

前の組箱のようなものはなく、ほぼダイレクトにビニールや発泡スチロール紙でくるまれたレンズが発泡の台座の上に鎮座。引っ張り出して置く。

DSC_1256


で、でかい
この太くたくましい黒々とした鏡胴…僕の股間の70-300mmも共鳴してズームしそうです!
お前のはフォーサーズ換算(約2倍)だろうが。それでもサバ読んでんだろ。なんの話をしてるんだ俺は。


IMG_2454


With D7000
D7000は決してでかいカメラではないが、それにしても巨砲すなあ
もちろんこれより大口径なメガバズーカランチャーはいくらでもあるが、ハンディユースと携行が無理なく可能なサイズとしては最大級ではなかろうか。
その昔スピードグラファーというアニメがあってだな。

IMG_2456

VRはここで調整。アクティブだと半押しする前からウィンウィン効きます。電池バカ食いとのこと。


さて、いくらなんでもこれを室内でブン回したところで不毛にもほどがあるので実写はいずれだが、とにかくVRの効きがすごい。重さとズームによっ腕がプルプル体がゆらゆら揺れていても、像はピタリと止まり手ぶれを消す。貼り付いたように動かぬ像・・・一つづつその数を減らす撮影可能枚数・・・この二つの符号が意味するものはひとつ・・・

そして300ならともかく450mmというのは初体験だが、なかなかに見えないものを見ようとして覗き込んだら見えてしまう近さ。フヒヒ。フヒヒじゃねえ。
ズームがほしい時にここまで寄れて足りないというシチュエーションはほぼ無いのではなかろうか。それこそ航空ショーや盗撮や特殊な撮影を必要とする事はあるだろうけど、それには一抱え級のレンズが必要になることだし。この70-300は何も考えず常備するには躊躇する重さだが、それでも常備したいレンズだと思う。

さて35mm、70-300、そして本体と役者は揃った。あとは逝くのみである。撮影・・・!撮影を・・・!

まあとはいえこっちはまだ雪も溶けない春なき大地北海道。4月の半ばくらいまで待たなければね。
雪だらけの写真も決して悪くはない、むしろありがちな写真にはない魅力があって素晴らしいんだけど、それでも一冬をようやく越えようとする道民に冬景色の魅力を奮い立たせるような写真が撮れるモチベーションは残ってなかった。


Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)
Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)
クチコミを見る