iPadが縦置きできないのにiPadスタンドを名乗る不届き者、QBA27をぶった切って貼りつけて縦置き可能にしたきろく。
まずQBA27を限界まで伸ばすと爪が引っかかって引っこ抜くことが出来ません。

IMG_2049

真ん中の先端部分の⊿なってるところがツメ

ここをズタズタに引き裂いて滑らかにしてやると、パーツはするりと分離できます。

IMG_2051

ぶんり。構造がおわかりいただけるだろうか。

さてここにプラ板くっつけて何も考えずに伸長してもいいんですが、730gのぶったいを揺れてはじけて溢れちゃう車内で保持し続けるのはプラ板瞬着ガムテープでは心もとないですね。


IMG_2053

偶然、5mmの角材プラ棒がぴったりと収まる太さだったりするCAD設計の妙を感じる仕様なので、この角材をメインパーツに延長部分を作ります。


IMG_2062

中にプラで棒を通して組み組み。目測と現物合わせという拙さが光るぜ。


IMG_2060

結合部はプラ板とすりあわせてプラ棒で芯を入れて瞬着。もう一枚プラ板を重ねたり。
元パーツの横っちょに、角材がぴったり収まるほどの切り欠きを入れる。


RIMG0042
接合部の強度が不安なので、細いピンバイスで穴をあけて真鍮パイプなどを入れて補強。そののち角材を収める。
100均クオリティの製品ゆえにプラスチックのやらかいこと。


RIMG0045

単純な構造(と、角材がジャストフィットな幸運)がゆえに、思いつきで行き当たりばったりで動いてもなんとかかんとか作業が進みますな。

IMG_2083

真鍮線とかで適当に強度を稼ぐ。
プラモデルから考えたら想像を絶する汚さだが、強度、ましてや剛性というのは見た目の汚さとはあまり関係がないし、プラモデルではなかなか目指す機会が少ないと思う。
無論のこと汚い言い訳である。
IMG_2098

くっつけてみる。長さは足りた。というか余裕で足りる長さにした。

IMG_2094

いけましたー

IMG_2096

問題なく保持。ケースつきだとちょっときつかったのでスポンジを削ったりしてます。
ちょうど上のツメの位置にパワースイッチとイヤホンジャックがあり、微調整してズラしてもどちらかが干渉してしまいますが、イヤホン側をふさいでもDockからAUX接続なのであまり気にしてないです。仮にイヤホンジャックを使えるようにずらしても構造的にパワースイッチ押しっぱなしということもないでしょう。
それより長さ的にクルマのハザードスイッチが押しにくくなりそうで心配。

IMG_2092

設置
写真で見るとやっぱりハザードが心配。アームは多少縦調整が効くので実乗を通して調整していこうと思います。

まあ目標としてはなんとか達成できました。下部もiPhone+SuperBoxを置くために補強したのでグッドです。さすがに生プラ棒っぷりが目に痛いので、一応塗装を予定しておく。

これならドックケーブルも下に引き出せるてじゃまにならないし、なによりiPadはやはり縦が良いと思うんだ。
iPadを縦置きするのに十分な長さを維持しつつ、伸縮機構は完璧に動作するように残したので、iPadを置かないときはこのようにアームを縮めて

IMG_2090

痛いんですけど。
だいぶブッ刺さるんですけど。

アーム高すぎてもうちょっと下ろそうかなーて思っててこれだもの、いずれシフトノブに手が届かなくなりますね。危険だろ。
かと言って延長部分を削ると強度が不安。ただでさえ冬道走行はグラグラするというのに…。

うん、あれだ、基本的に伸ばしっぱなしで運用、これだな。おk。あれそれじゃ別に伸縮させなくても。
…だいぶいろいろな苦労が無駄になった気はするものの、とりあえずiPad車載環境の最低限はキープ完了ということでここはひとつ。


楽しい工作シリーズ No.131 プラ材5mm角棒 6本入 (70131)
楽しい工作シリーズ No.131 プラ材5mm角棒 6本入 (70131)
クチコミを見る

楽しい工作シリーズ No.130 プラ材3mm角棒10本入(70130)
楽しい工作シリーズ No.130 プラ材3mm角棒10本入(70130)
クチコミを見る