いまわだいのトイザらスの暗視ゴーグル「アイクロップス ナイトビジョン2.0」

http://getnews.jp/archives/86872

これがパッシブ型とかだったら壮絶な祭りなんでしょうが、当然ながらアクティブ型です。
まあ子供向けのおもちゃにしては「すげええええええ」と言うに値するすごい逸品。

ぐぬぬ、子供に負けてはおられぬ。
ここは大人のおもちゃこと僕らのiPhoneでも暗視スコープごっこをやってくれようぞ。
バイブもついてるしエr画像満載だから大人のおもちゃってところは間違ってない。誰も聞いてねえ。きたねえ。


さてiPhoneのアプリには当然のように暗視スコープごっこアプリがあります。

スターライトスコープ
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/11/25/044/index.html

Nightsight Night Cam Free
http://www.macotakara.jp/blog/index.php?ID=8731

これで済む話、と言うわけでもないです。当たり前だけど。
これらのアプリは乱暴に言えば「露出上げて撮った画像に緑色とノイズを乗せてはい湾岸戦争スクープ写真いっちょあがり」というものに過ぎないわけです。

誰かの寝姿でも撮影してこれを適用し、後でメールで気持ち悪い文章とともに送りつけてハイテクストーカーごっこをするなどの用途には役に立つかもしれませんが、異性の友達だった場合手が後ろに回る危険すらあるのでお勧めできません。

アプリに頼れそうも無いとなるとハードウェア的なものに頼りましょう。
その前にまず暗視装置の仕組みについておさらい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3


はい。読めばわかるけど、暗視装置の原理は二つあります。
よく言われる「スターライトスコープ」は「パッシブ型」
これは自然の光(星明りなど)だけを利用して、光倍増管にて増幅させて見せるもの。これが良く見る暗視装置の濃い緑色の画像になるわけです。
単純に光を増幅させるので、原理的にはカメラのフラッシュなど強い光を浴びせられると回路と目が焼き切れることになるので、これで夜戦の際、素人でも特殊部隊を撃退することができるかもしれません。
共感していただけた方は確実に同年代だと思います。ええ。
ちなみにほんとうは安全装置がついてるのでそんなことにはなりません。フィクションです。
最近はデジタル処理のものもあるようですが、どちらにせよさすがにこれらはアプリやDIYでどうこうなると言うものではないです。こちらを目指すのは無理でしょう。



これに対し、アイクロップスや市販のほとんどの暗視設備は「アクティブ型」です。
こちらは赤外線を投射して対象を照らし、それを赤外線を捕らえられるカメラで撮影して画像を得るものです。
こういうとかっこいいけど、実のところ「ライトで照らしてちょう明るい」という原始的もいいところの装置です。単にそのライトが人間の目に見えないと言うだけ。
これを使った夜戦をエルフさんが見てたら、まああのサルどもは煌々と明かりなんか炊いて、隠密行動も糞もあったもんじゃないわと呆れられるでしょう。
当たり前だけど相手が同じカメラ持ってたら、本当にただの明るいライトなので、照らしてるほうがたちまち居場所がバレて全滅するわけです。なので今では軍用には使われていません。



さてiPhoneにてこれを再現するため今回使用するのはこれ。

IRフィルター
http://fujifilm.jp/personal/sheetfilter/ir.html

TACフィルターと言って、言ってしまえば単なるプラ板です。ハサミで切ることができ、お値段も75mmx75mmいちまい1000円くらいで買えます。


ここで三つの豆知識。

1:ケータイのカメラでリモコン送受光部を写すと光る
割と有名な話で、ケータイのカメラすなわちいまどきのCCDやCMOSは、非可視光の赤外線も写ります。

2:だいたいの光源は非可視光も発している。
も、というか白熱電球は与えた電力に対して放出する割合が、可視光10%で72%が赤外線など非可視光、残りは熱という非効率な奴だったりします。

3:カメラ用IRフィルターの存在
赤外線透視とか流行りましたね。そういうレガシーなエrメディアを作るのに使ったりするだけでなく、業務用や天体観測などにも使います。

RIMG0067

iMacのApple Remoteも、デジカメ越しに見るとこのようにバリバリ赤外線出てます。

すなわちカメラでなく、光源にIRフィルタを当てて赤外線ライトを作り、それをiPhoneで撮影すればアクティブ暗視ゴーグルの出来上がりです。
かろうじて気づいたけどiPhone関係ないですね。カメラ付きならケータイでもできます。なんだよ。なんなんだよ。

RIMG0064


こちらがIRフィルタ。お近くのヨドバシやビックカメラでも買えます。※悪用厳禁


IR 80 7.5X 1 IRフィルター80号7.5cmX7.5cm1枚入
IR 80 7.5X 1 IRフィルター80号7.5cmX7.5cm1枚入
クチコミを見る

号数はnmをあらわしてるとの事ですが、だいたい70から80とかでいいと思います。この数値が高すぎると暗くなるだけです。
逆に数値の低いSCフィルタなどになると、普通に赤い可視光が透過されてしまいますので注意。

RIMG0066

マグライトに当ててみます。

RIMG0065


光った!いや肉眼で見ると光ってない。
でもこれを撮ってるのもまたデジカメなので、光ってる写真が撮れる。iPhoneの画面やライブビューで見ても光ってる。
でも肉眼だと光ってない。ややこしいわ。


RIMG0068


これを応用し、iPhone4のフラッシュ部にIRフィルタを貼ります。
さあこれでフラッシュを点灯して写真を撮れば暗闇のままでも明るい写真が!


RIMG0070


・・・。
反射しまくってる、
ていうかそれ以前にこんな明るいフラッシュなのにほとんど赤外線ライトの意味をなしてない。
なぜだ


iPhone4 カメラ
http://www.apple.com/jp/iphone/features/camera.html

>iPhone4は、5メガピクセルセンサー、LEDフラッシュ、5倍デジタルズームを持ったカメラを搭載
LEDフラッシュ
LED

発光ダイオード
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BA%E5%85%89%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%89

>光の特性
蛍光灯や白熱灯など他の多くの光源と異なり、不要な紫外線や赤外線を含まない光が簡単に得られる。
>不要な紫外線や赤外線を含まない光が簡単に得られる。
>赤外線を含まない光





まあなんだ、その。
エコとかLEDとかさ。
そういう新しくて合理的なものの影に隠れて消えていったロマンをさ。
みんなも忘れちゃいけないぜ。常識と言うメガネで覗けない世界を。古い地球人め。

IMG_2213

※上の状態でiPhoneから撮影した写真
赤外線以前にフラッシュが反射して写りません。
なんていうか、Finalcutのパッケージっぽくてかっこいいからいいよね。いいんだよ。いいんだ。


IMG_2223
IMG_2221

仕方ないから本来の使い方をしてみる。カメラ部にIRフィルターをかぶせての撮影。

IMG_0246

日中がいいですね。葉っぱなど赤外線反射の大きいところは反射して明るく写る。ソフト処理ではできない、変な写真が撮れます。
単純な色フィルタではこうはならないので、使い方によっては楽しいかも。

ああ本来の使い方って言ったら「アレ」もそうだけど、
直射日光下の水着くらいなら透けるんでしょうけども、はっきりいってモザイク除去装置のがマシな程度の写りにしかならないからねアレ。

RIMG0074

そもそもフィギュアの服は透けません。

妙な投資でああいったものを買うなら、自分で口説いて脱がせるくらいの度量をもったほうがいいと思います。何を言っているんでしょう僕は。

まあこれでも大き目のマグライトなんか持ってたらちょっとそれっぽい遊びができますのでお試しあれ。
言うまでもなくLEDマグライトだとアウトです。ぶっちゃけLEDが駄目なことくらい知ってたんだ。試してみただけなんだ。
シュアファイアーなんかを使えば普通にサバゲの夜戦に使えなくもないかもよ。こういうのもつければなおよろしい。


さて、これではいまひとつの結果に終わりそうなので、こうなったら本気出してiPhoneで暗視を実現するためにむっちゃ頑張ってみました。




RIMG0065

頑張りました。

RIMG0066

RIMG0071

頑張って借りました。


RIMG0073


トイザらスでこういうのも売ってくれればいいのに。
なんて大人向けのトイザらス…


RIMG0074

このようにセットします。

RIMG0067


RIMG0075

ふむ。なかなか明瞭な視界である。
肉眼ですら誇張抜きにほぼ真っ暗闇ですが、さすがに本物のパッシブナイトビジョンは格が違った。



動画も。まあ実際ちょっと前の時期に撮ったんだけどねこれは。


というわけで無事iPhoneで暗視スコープを再現することができました。
もう完全にiPhone関係ないってか、最初から最後まで何一つiPhoneである必然性無かったよね。


皆様もお手元にスターライトスコープなどございましたらぜひお試しを。ねえよ。


ナイトビジョン Bushnell ブッシュネル ナイトウォッチ クラシック 暗視スコープ
ナイトビジョン Bushnell ブッシュネル ナイトウォッチ クラシック 暗視スコープ
クチコミを見る

でも売ってる。